可愛いは正義のはず

カワイイもので癒されたい

モモンガとでかつよの関係がより鮮明に…モモンガの勝手な願いの入れ替わり説浮上

スポンサーリンク


ちいかわのお宝探し編(トレジャーハンター編?)がひと段落したところで、今度はモモンガとカニちゃんでお宝探しが始まりました

 

モモンガとカニちゃんの新たな友情編かと思いきや…
さすがナガノ先生!
それだけでは済まなかった(笑)

 

まさかの展開にドキドキしています
さらに名探偵ちいちゃん風のイラストまで登場!

 

これも伏線でしょうか?

 

目次

 

モモンガがでかつよだったという匂わせ編

まずはこれまでのモモンガでかつよ説の振り返りです

 

①「ついにやったぞ」2020年7月22日

コミックス1巻のP65にて、モモンガが初登場
それがこれです
タイトルはコミックスについていたタイトルです

 

ちいかわちゃんとモモンガの初対面のシーン
ここですでにモモンガに嫌な目に遭わされるちいちゃん
すでに天敵の予感の出会いでした(笑)

 

ここでの注目は6コマ目のモモンガのセリフ
「ついにやったぞ」です
コミックスのサブタイトルにも起用

 

今でこそファンは「モモンガ=でかつよ」と認識していますけど、この時点ですでにナガノ先生の中でモモンガの設定が確立されていたことが伺えます
2020年ですからちいかわ連載開始の年ですよね
さらに「おもいっきりかわいこぶってやる」という意気込みで、のちにでかつよからモモンガになったとわかるセリフも続きます

 

②「返せ」2020年8月13日

コミックス1巻のP81掲載です。

 

ここで重要なのが1コマ目のでかつよがモモンガを追いかけている時のセリフ「返せ」です
これもコミックスではサブタイトルになってました

 

つまりでかつよの返せはモモンガの体を返せの意味になるのは、今の我々には理解できます

 

③「叶うかな」2020年10月9日

コミックス1巻のP112掲載です。

 

私はこれを最初に読んだ時もコミックスで読み返した時も、これはモモンガのでかつよ時のことだと勝手に思ってました
それで願いが叶ってモモンガになったものだとばかり思っていたのです

 

でも実際にはモモンガちゃんが存在していて、でかつよと入れ替わったというのが通説ですし、私も今は入れ替わり説です
あとはその経緯です

 

この場面は元モモンガのでかつよが願っているのでしょう

 

④「スロット編」2021年12月30日

コミックス5巻のP67掲載です。

 

うさぎが見つけた(笑)スロットで、ちいかわトリオがきれいに入れ替わったお話
その中でモモンガが登場し、上記のようなストーリー展開になります
ここでの注目はラストのコマの「入れ替わったってなーんも変わりゃしないんだッッ」のモモンガのセリフです

 

入れ替わっているからこそモモンガの実感ですし、特に変わっていないと思っている、または思おうとしている部分でした

 

⑤「でかつよとあの子」2022年12月8日

コミックス掲載はこれからだと思います

 

でかつよに関する重要な回でした
6コマ目(ラスト3コマ目)で、でかつよがあの子に言うセリフです

「とられちゃったの?からだ…」

 

これが答えですよね
モモンガにでかつよちゃんの体を取られてしまったという事実がサラッと描かれてました

 

モモンガ&カニちゃんの「お宝探し」のラスト

先日Xで発表されたモモンガ&カニちゃんの「お宝探し」編
友情が2人の友情が育まれるほのぼの回かと思いきや、やはり宝箱は罠だったことがわかります
さらに驚きの展開がラストにありました

①2024年6月27日

 

②2024年6月29日

 

まず6月27日の注目は魔女がモモンガを見て何かに気付いたという点です
助かることは元より、これが最重要!
「アリャッ…アンタ…」
このセリフでモモンガに見覚えがあるのがわかりました

 

続く6月29日では、魔女を倒した後のモモンガのセリフです
「あん時の魔女かァ?」

 

あん時の魔女=入れ替わりをしてくれた魔女?

 

すごくしっくりいきます

 

でかつよの見た夢は昔のモモンガだった自分

そして2024年7月1日に投稿されました
でかつよの漫画です

 

衝撃でした
いろいろと今までぼんやりとしていた「モモンガ=でかつよ」説でしたけど、これではっきりしたわけです

 

モモンガだった頃の自分を夢見て、目覚めてすぐに自分の顔を川で確認するでかつよ
そして絶望…

 

上記で示したこれまでの展開が線で結ばれていきます

 

何よりも真のモモンガちゃんはモモンガと違って穏やかで愛らしい顔立ち
現在の入れ替わったいたずらっ子風のモモンガの表情とは大違い
顔は同じなのに表情が違うという細かさ
さすがナガノ先生です!

 

ナガノ先生は描きたい表情に重点を置いているというのをネットのインタビュー記事で目にしたことがあります
ここでもそれが上手に表現されてますよね

 

名探偵ちいかわ?ちいかわが真のモモンガに違和感?

7月1日の午前中に、ナガノ先生はこんなイラストを更新されました

 

これ「犯人はお前だ!」風です
まるで名探偵ちいかわのようです

 

コメント欄には『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造の「ドーン!」のようだという指摘もありましたし、コナンくんのようだという指摘も多くありました
本当に何かを推理しているかのようなカッコいいちいかわですよね
眉間に皺を寄せるちいちゃんは勘が冴えている証拠

 

そして本日0時を回った時に投稿されたのがこちらのイラストです

 

ちいかわとモモンガのマジカル姿のイラストです

 

でもよく見るとモモンガは真モモンガちゃん(本物)であることがわかります
もしくはぶりっ子に成功しているモモンガかもしれませんが(笑)

 

でもちいちゃんの「ン?」が名探偵ちいかわになっていると思うんですよ
「あれ?いつものモモンガじゃない」という勘が働いているように見えます

 

ちいちゃんがモモンガの正体を見破り、でかつよちゃんに体を戻してあげられるのでしょうか?

 

さらに翌日の7月4日にナガノ先生がこのイラストを更新されました

 

これわかりますか?
マジカルちいかわの衣装でピンクがニセモモンガで、黒がホンモノのモモンガなのです
違いはハートの髪飾り
ハートが逆の形がいつものニセモモンガで、普通のハートの形が真モモンガなんですよ

ナガノ先生、さすが細かい設定!
にせものだからこそ、スペードにも見える逆ハートなんですよね

 

上記のちいかわちゃんの髪飾りもちゃんとしたハートの形です
たとえダークサイドバージョンだとしても、正式なハートマークのままなのです

 

そんなホンモノのモモンガが「体を返せ」とばかりに、ニセモノモモンガ(でかつよ)を羽交い絞めしているのです
これもホンモノのモモンガがダークサイドだからでしょう

 

モモンガの勝手なのであればモモンガの体はでかつよに返してあげて欲しい

モモンガ=でかつよであることはほぼほぼ間違いないでしょう
上記の伏線でもよくわかります

 

問題はいかにしてモモンガの体を体に入れたのかということ
入れ替えになったのは間違いないですけど、その経緯が気になります

 

小さくて可愛いものになりたかったでかつよ

 

それはわかります
でも一方で、入れ替わった側の元モモンガははたしてでかつよになりたいと願っていたのでしょうか?

 

一時の気の迷いで「大きくて強くなりたい」と願っていたのでしょうか?
それであれば一時的とはいえ多少の自業自得な部分はあるでしょうけど、望んでないのに勝手に入れ替わりの器にされたというのであれば悲劇です

 

完全なる巻き込まれ事故であり、本人にとっては大惨事ですよね
百歩譲って上位互換ならいいのでしょうけど、それでも良しとなるにはよっぽど自身の環境が最悪・劣悪だった場合のような気がします

 

でかつよが下位互換とまではいいませんが、自身の姿に愛着があるのであれば本物のモモンガちゃんには悲劇でしかありません
デカくて強いから永遠に大丈夫とは限りませんし

 

でもあの子がいるから救われているのかな?
現段階ではあの子がすり寄ってくれているのが唯一の救いのような気がします

 

ナガノ先生はいろんな伏線を小出しにしてますので、今回で一旦は終わりだと思いますけど、今後の展開は気になります


【関連記事】

ちいかわ「お宝」編完結!「ゆうしょう」のオチが可愛い…ファンの推理どおり! - 可愛いは正義のはず


ちいかわ「第48回講談社漫画賞 2024年」受賞ならずも評価あり!特に久米田康治先生最高!部門に一石投じる? - 可愛いは正義のはず